はじめに

くわしいページがありますが、 文章を読んでいられないかたに、こちらは活動内容がすぐにわかるページになっています。活動の特徴は
①1・2年生でプログラミングで数理脳を育成。
②AIシステム開発にまでつながるプログラミング基本を習得。
③世界で仕事ができる英語力強化の支援ソフトを無償提供。

となっています。
これに徹底したくり返し学習と進行管理がつきます。

高額塾へ行けない家庭の経済事情の生徒優先で、無料提供も多くあります。

 

くわしい説明のページはこちらをクリック

まず英語ソフトのデモを見ましょう

教科書暗記で中間・定期は90点目指す    1・2年から単語力に力を入れる     プログラミング早期学習で脳を活性化

有名予備校で成績下がった長男、独学で国立大医学部へ行った次男

学習塾や有名予備校は、必ず成績が上がる
うらやましいところではない

■長男は高校3年から福井の古くからの大きな塾に送り迎えで通わせました。なぜか成績が全く上がらず、大学には落ちました。

それで名古屋の有名予備校の大阪校へ入れました。寮に入り、午前・午後・夜も自習室での勉強連続。成績は上がらないどころかズルズルと低下。担任すらいない予備校の父兄懇談で若い女の子がエクセルシートを広げて、
「安全を狙うなら。」
と言った大学は関西で下から拾った私立御三家でした。

■次男は日中は薬学部に通い、医学部受験を目指していました。予備校には行く時間もお金もなく、まったくの独学でした。自分がいる大学は難しくて受かりませんでしたが、地方大学の医学部に合格して大学と学部を変わりました。現在は大学病院の医師です。

有名塾や予備校は、うらやましく思うほどのところではないことをご父兄とともに知ってください。

長男のその後のことは、くわしいページに書いてあります。

わかりやすい音声説明

推奨する無料オンライン授業

高額の学習塾へ行けなくても、授業をよく聞き、3つの無料学習から合うものを選んで補習し、あと徹底的にくり返し問題集をやることによって、受験で勝つことができます。努力次第です。

英語とプログラミングの早期取り組み

①英語の基礎力養成と中間・定期試験の成績向上に教科書暗記ソフトの提供をします。デモを確認ください。
②英単語のくり返し記憶チェックのためのソフトと中学2,000語を提供します。
英単語は難関大学受験7,200語がデジタル化されています。

無料提供ソフト

プログラミングが脳機能を向上させる

プログラミングで理数脳を育て、受験に突入

ログラミングで脳機能が向上する根拠があるのか、ということについてです。

勉強をして頭が悪くなると考えるひとがいるのかどうかですが、私の実感とその成果で説明をしています。
①C言語は挫折者が多い難解言語。
②30代のとき若手のプログラマーから、C言語を独学では無理と言われ、分厚い本を放置していた。
③団塊の世代の私が、C言語を理解し、やさしく習得できるテキストを作るまでになった。
④それ以前にJavaScript・ Pythonほかを学習している。

ということからプログラミングで脳機能がアップしたと考えるのが順当であり、年齢が行ってからある日突然に、工学部学生でも挫折するC言語がわかるほどに頭が良くなったと言うほうが不自然です。

つづいては藤島高校・高志高校を目指すみなさんが早期のプログラミング学習で成績を伸ばし、実証の声を上げて欲しいわけです。
それが下へ下へと連鎖して、日本全体の若いひとの学力が向上します。

文部省(現文科省)下で新システム開発従事者と現職SEが学習支援

                       気づく → 決める → やる

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-8269-8725

受付時間:8:00~18:00
0776 35-5237 固定電話ありますが、外に出ることが多く出られません。

7☆nishiginzaleica.jp

☆は@に直してください

携帯Cメールを多く使用しています